タグ : 経営論

PRIME NEWS

『PRIME NEWS』 - 政治・経済・国際・環境・社会問題に特化した大型報道番組

メディア紹介No.064 - 『PRIME NEWS

 

スペック
運営者: 株式会社BSフジ(フジ・メディア・ホールディングスの持分法適用会社)
デバイス: TV
形式: 音声, 映像
フィールド: 政治, 経済, 国際, 環境, 社会問題
更新頻度: 毎日(平日20:00-21:55)
アクセス: BSフジのチャンネル

     

紹介文
『PRIME NEWS』は2時間枠の大型報道番組で、今関心の高い一つのトピックをテーマに、専門家・当事者・ゲストなどを招いて議論し掘り下げていきます。 

また過去に番組出演したゲストには、政界であれば総理経験者や各党代表者など、財界であれば森ビル社長や建築家の安藤忠雄氏など、豪華な顔ぶれが揃っています。

多くのニュースを伝えようとする民放報道番組に対して、『PRIME NEWS』はテーマを絞ることで深く視聴者の理解を得ようと努めています。

なお、過去2週刊分のハイライト動画を、番組HPから視聴することができますので、興味をもたれた方は一度ご視聴されてみてはいかがでしょうか。

上記リンクバナーから番組HPへ飛べます。

    

プレビュー

『PRIME NEWS』の来週一週間の放送予定内容は下記の通りです。

     

▽ 8月16日(月) - <情報革命を生き抜く策 カドカワが描く未来像>

米国プラットフォーム企業が席巻するなか、コンテンツ企業としてカドカワが取り組む”クール”革命とは

     

▽ 8月17日(火) - <落選政治家の夏…今、何を考えどんな活動をしているのか?>

先の参院選挙で落選した民主党の簗瀬進氏と共産党の小池晃氏、そして昨年の総選挙で落選した自民党の石原宏高氏を迎え、今後の見通しを問う。

     

▽ 8月18日(水) - <夢を捨てるな! 松本零士が語る、宇宙のロマンと人類の可能性>

人はなぜ宇宙に憧れるのか? 漫画家・松本零士氏とともに、人類の挑戦・その原動力について聞く。

     

▽ 8月19日(木) - <なぜ今【ピーター・F・ドラッカー】が注目されるのか? 知の巨人、経営学の神様が残したマネジメント論を学ぶ

今関心を集めているドラッカーのマネジメント論。ドラッカー研究者の三浦一郎氏と「もしドラ」の著者で作家の岩崎七海氏を迎えて「ドラッカー」を学びとる。

     

▽ 8月20日(金) - <ロックンロールは死なない>

60年代, 70年代の世界的な若者文化の象徴とも言えるロック。団塊の世代の大人たちの心に残るロックの意味をいま一度、考え直す。

     

以上。

広告

ハーバード・ビジネス・レビュー

『ハーバード・ビジネス・レビュー』 - 世界11ヶ国,50万人以上が読んでいるグローバル・マネジメント誌

メディア紹介No.059 - 『ハーバード・ビジネス・レビュー

     

スペック
運営者: 株式会社ダイヤモンド社(日本語版の出版社)
デバイス: Paper
形式: テキスト, イメージ
フィールド: 経営
更新頻度: 月刊(毎月10日)
アクセス: 直送(定期購読), 書店, amazon, Fujisan.co.jp

     

紹介文

『ハーバード・ビジネス・レビュー』は、アメリカの名門ハーバード大学の経営大学院が発行している機関誌で、同院と提携しているダイヤモンド社によって日本版が出版されています。

日本語版においては、単にそのまま和訳しただけということではなく、ゲーム理論, 組織戦略, 経営学など、時代の先端を行くテーマを取り上げ、それに沿って翻訳論文を厳選するという特集スタイルが採用されています。

一冊が定価2,000円前後と雑誌としては非常に高価ですが、その費用を捻出するだけの価値はあると思います。

     

プレビュー

『ハーバード・ビジネス・レビュー』の次月号(2010年10月号)は9月10日発売で、「科学的マーケティング」という特集が組まれる予定です。

主な掲載論文の見出しを挙げると、

・シュミレーション経営

・ニューロ・マーケティング

・マーケティング再考 - 関係構築のための組織改革

・女性マーケットをつかめ - ニーズに応えるために

・ブランド・コミュニティの構築

・対抗ブランド戦略は有効か - 低価格戦略のライバルとの戦い方

・危機対応のマーケティング - スキャンダルへの対応法

・ディスカウンターの成功方程式 - ヨーロッパのチェーン・ストアの秘密

となっています。

なお、現在発売中の9月号は「マッキンゼー賞 経営論の半世紀」という特集が組まれており、過去にマッキンゼー賞を受賞した論文が掲載されています。

以上。