タグ : 社会主義

『世界共和国へ―資本=ネーション=国家を超えて』のレビュー

世界共和国へ―資本=ネーション=国家を超えて (岩波新書) 世界共和国へ―資本=ネーション=国家を超えて (岩波新書)
柄谷 行人 by G-Tools岩波書店 2006-04
売り上げランキング : 13970Amazonで詳しく見る

     
「新自由主義」とはアメリカ的なものを指しており、”自由”に重きを置く一方で、”平等”を犠牲にするものです。それは、たとえばアメリカでは年俸何十億と稼ぐ一流アスリートやCEOがいる一方で、同じアメリカ南部においては貧困が存在しているということに表れています。

     

基本的に自由と平等はトレードオフ(どちらかを重視すればどちらかが軽視されてしまうシーソーのような関係)にあり、かつては新自由主義(自由重視・平等軽視)に対する強固なアンチテーゼとしてソ連を中心とした共産圏(平等重視・自由軽視)がありました。
しかし、共産圏崩壊後の今日において、世界中で「新自由主義(=アメリカ的なもの、資本主義的なもの)」が絶対的なものとして君臨してしまっています。

     

一方そのような新自由主義への新たな対抗として、各地で宗教的な原理主義という形をとった排外的な運動が起こっています。いわゆる大手メディアで「テロ」と呼ばれるものがそれにあたります。
本書著者の柄谷氏によれば、そのようなファンダメンタリズムは、結局は社会民主主義に行きつくほかにない、つまりその理念を現実にしていこうとするとケインズ主義的な福祉国家モデルに帰着するしかないのだといいます。
しかし、福祉国家のモデルは、いわば戦後の「社会主義」への危機感から先進資本主義国家がとった形態であって、「社会主義」圏が崩壊してしまうと、先進資本主義国家にとっては、福祉国家への動機はなくなってしまいます。

     

「社会主義」は崩壊し、宗教原理主義も対抗できないのだとすると、いかにして世界は新自由主義に対抗する有効策を持ち得ることができるのでしょうか。

それが本書における主題です。

     

上記の問題意識に対して柄谷氏は、本書でカントによる「世界共和国」の理念を提示します。
その「世界共和国」がどのようなものかについては本書をご参照いただきたいのですが、その際に重要なのは、そのような「世界共和国」の実現が可能か不可能かということではありません。

     

それが不可能だとして退ける一方で、それに代わる有効な「理念」を示し得ず、むしろ「理念」というものを「大きな物語」として軽視し、ただただ現実を肯定するしかない「モダニズム」を柄谷氏は批判しています。

     

重要なのは、実現が可能か不可能かではなく、そこへ「至ろうとする」ことです。人々がそこへ至ろうとする「理念」を持ち得ることだけが現在の新自由主義に対抗できる唯一の有効策なのであり、それこそがカントのいう「統整的理念」であり、「世界共和国」なのだと柄谷氏はいいます。
またその「世界共和国」へと至る道筋を示すことこそが本書において柄谷氏が試みた仕事です。
言うまでもありませんが、それは、そこへ「至る」ための道筋なのではなく、人々がそこへ「至ろうとする」ための道筋です。

     

以上。

広告

資本主義を語る

資本主義を語る (ちくま学芸文庫) 資本主義を語る (ちくま学芸文庫)
岩井 克人 by G-Tools筑摩書房 1997-02
売り上げランキング : 128446Amazonで詳しく見る

     
商業資本主義においては共同体と共同体のあいだの価値体系の差異、産業資本主義においては労働の生産性と実質賃金率とのあいだの差異、そして現代的な資本主義においては、企業と企業のあいだの生産技術や製品仕様や通信ネットワークの差異によって利潤が生みだされてきた

本書は『不均衡動学』の提唱者である経済学者岩井克人氏による、資本主義論です。

第Ⅰ部において「資本主義」が語られていますが、その第一章で、岩井氏はマルクスにおいて断絶とみなされていた「商業資本主義」と「産業資本主義」を、「差異の原理」によって連続のものとみなすことから始めます。そして、そのような「差異」から捉え直した資本主義論を現在の「ポスト産業資本主義」へと展開していきます。

面白いのは第二章で、資本主義論において「利潤」がどのようにして生まれるのかを「差異」から説明しようとした岩井氏は、当然今度は「差異」がどのようにして生まれるのかを説明しなければなりません。ここにおいて、岩井氏の「不均衡動学」なるものが登場するわけです。

つまり、岩井氏は「利潤」は「差異」から生じ、「差異」は「不均衡」から生じるといっているのです。そしてその「不均衡」は「均衡」の例外として現れるものではなく、長期的に続いているものだと提言することで、ここにおいて岩井氏は主流の経済学と決定的に対立することになります。
なぜなら、主流の経済学においては「均衡論」が支配的であったからです。
こうした主流派に対して自己の経済学理論(特に不均衡の持続可能性)を主張する際に彼が援用したのが「進化論」でした。

本書では、そのような岩井氏の「不均衡動学」および、そこから描き出される資本主義論を理解するにあたって非常にわかりやすいものとなっています。
また、その他にも「法人」や「社会主義」への興味深い議論も収録されており、非常に平易で、読みやすく、かつ楽しめる本となっています。

献本サービスサイトの「Reviewplus」