タグ : 東浩紀

動物化するポストモダン

動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書) 動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)
東 浩紀 by G-Tools講談社 2001-11-20
売り上げランキング : 3693Amazonで詳しく見る

     

フランスの哲学者リオタールによって「大きな物語の凋落」と指摘されたポストモダン。

そうした「大きな物語の凋落」後の時代において、どのような文化的・社会的状況が現れているか。
それが本書の主題です。

著者の東氏は、そのような主題に対して「オタク」をモチーフに言論を展開されています。
大塚英志氏や中島梓氏といった批評家によってなされたオタク論・消費社会論の引用。またボードリヤールやコジェーブといったフランス哲学を援用しつつ、「データベース消費」や「動物化」といった概念を用いて氏はポストモダン論を展開しており、そのモストモダン的状況をもっとも良く説明し得る対象としてオタクを「詳細に」取り上げているのです。

コミックマーケットに56万人が来場し、ニコニコ動画の有料会員数が100万人に迫るなか、国外で日本のサブカルチャー文化がもてはやされるなか、すでに「オタク」はマイノリティとして無視できない存在となっています。

献本サービスサイトの「Reviewplus」

     

広告

定本 物語消費論

定本 物語消費論 (角川文庫) 定本 物語消費論 (角川文庫)

大塚 英志 by G-Tools角川書店 2001-10

売り上げランキング : 8143

Amazonで詳しく見る

      

『定本物語消費論』は大塚英志氏の著作で、’89年に刊行された同氏の『物語消費論』を加筆・訂正し、「補」を新たに加えたものです。

大塚氏は当時子どもたちの間で人気だった「ビックリマンチョコレート」なる商品に着目し、その消費行動を支えている背景へと考察の目を向けます。それは、個々の商品ではなく、それらの商品群を通して現れる一つの「世界観」が消費されている、というものでした。

そして、そうした「世界観」は送り手によって一方的に構築され与えられるものではなく、商品一つ一つに付されたシールに刻印されている情報の断片をもって、消費者自身の手で創り上げられていたのです。

フランスの社会学者ボードリヤールを引用しつつ、また柳田民俗学における近代以前の日本を対象とした物語論を紹介しつつ、大塚氏は現代消費社会の置かれた状況を「物語消費」という概念を用いて説明しようと試みています。

この本によって示されている大塚氏の消費社会論やポストモダン論、サブカルチャー論は、たとえば東浩紀のような後の研究者へと連なっていきますが、今から20年前に記されたこの『物語消費論』は、今でも有効な一つの参考文献として必読でしょう。

ちなみに、大塚氏は本書において、すでに現在のワンピース・ブームを具体的に予見されています。

献本サービスサイトの「Reviewplus」

            

ユリイカ

『ユリイカ』 - 詩と批評を中心とした総合芸術誌

メディア紹介No.055 - 『ユリイカ

 

スペック
運営者: 株式会社青土社
デバイス: Paper
形式: テキスト
フィールド: 人文
更新頻度: 月刊(毎月27日)
アクセス: 書店, amazon, Fujisan.co.jp

 

紹介文
『ユリイカ』は、現代詩と芸術を扱った専門誌で、1969年創業の青土社によって出版されています。

近年では漫画・ゲーム・アニメなど、サブカルチャー色を強く打ち出しています。毎月、何かタイムリーな社会的事象を取り上げたり、特定の人物を取り上げたりして特集を組んでいます。専門誌とはいえ一般にも十分読める内容ですので、興味がある特集が組まれている月などに買ってみてはいかがでしょうか。ちなみに筆者は現代詩についてはまったく不勉強なのでさっぱりですが、それでも興味をもって楽しく読むことができます。※ただし、現代詩を除く

 

プレビュー

2010年9月号の『ユリイカ』は8月27日発売予定で、<10年代の日本文化のゆくえ ~ポストゼロ年代のサバイバル~>という特集が組まれています。

予定ラインナップとして、東浩紀さんらによる対談や、川上未英子さんへのインタビュー、また「10年代の日本文化のゆくえ」に関する多くの論考が収録されるようです。

ちなみに東浩紀さんというと、最近声優の平野綾さんがグータンヌーボというTV番組で恋話をしたのにファンが発狂して殺害予告まで…、というニュースに対してtwitterで「そもそも処女を求める男性なんてオタクしかいないんじゃないのか疑惑」と発言し、ちょっとネット上で話題になった方です。ちなみに彼は自身がオタクであると自認しているのですが。

そんなつまらないことよりも、東氏は表象文化論や情報社会論を中心とするサブカルチャー系評論家で、今年に小説『クォンタム・ファミリーズ』で第23回三島由紀夫賞を受賞された方です。

 

以上。