タグ : 婚活

PRIME NEWS2010年8月24日放送分

以下、PRIME NEWS2010年8月24日放送分<保守的で内向きな若者 その弊害と改善策とは>に対するレビューです。
     

    

24日放送分のPRIME NEWSでは、『なぜ若者は保守化するのか』の著者である山田晶弘氏をスタジオに招いて、ここ数年における若者の安定志向について議論するというものでした。

   

全体的には、「若者の保守化」とは何なのか、それは確かに起こっていることなのか、という点に多くの時間が割かれていたような気がします。

といいますのも、まず番組冒頭で下図のような資料が提示され、それらに基づいた山田教授ともう一人のゲストの方が「若者の保守化」について所感を述べられていました。

しかし、上図のデータや、もう一つの例として挙げられた産業能率大学の調査資料に対して、早稲田大学政治経済学部教授の河野勝氏が批判的見解を示します。その批判とは、これらの資料は産業能率大学や日本生産性本部といった団体のプログラムを受けている人にしか回答権限がない調査資料で、「日本の若者」の傾向を示す資料としての代表性に欠ける、というものでした。

そして、「日本の若者が保守化している」というメッセージを大々的に出したいのであれば、全国を対象としたデータがあって当然だ、という河野氏に対して、山田氏はほとんど回答になっていない回答で、しどろもどろになってしまっておられました。

     

はっきり申し上げますと、この時点で24日放送のPRIME NEWSは実質的に終了しました。

タイトルから想像するに、「若者の保守化」を前提にその弊害と改善策を議論するという趣旨で構成された番組であったと思われますが、前提そのものが早々に崩れてしまったため、その後の議論の多くは「若者の保守化」という主張の妥当性に関するものであり、山田氏は客観的で有効なデータをお持ちでないということだけが示され続けました。

    

このように、「パラサイトシングル」や「婚活」といった個々の特殊事情を無視して一括りにし、マスメディアとの連携プレイで話題づくりをして著書を売って儲け、さらに内閣府男女共同参画会議民間議員である山田昌弘氏の胡散臭さが明らかになりましたが、その点において、24日放送分のPRIME NEWSは報道番組として非常によく出来たものでした。

     

以上。

広告