タグ : 人民元

JMM598M - 円高をどう考えるか?

以下、『Japan Mail Media』月曜版のNo.598に対するレビューです。

今週のJMM月曜版における設問は、「円高が進んでいるようです。以前、為替(外国)といえば対ドルでした。今は、ユーロが誕生し、中国元の存在感も増して、複雑になっている気がします。現在の円高を、どのように考えればいいのでしょうか。」というものでした。

     

その点について、多くの回答者が「実効為替レート」で判断すべきだと述べられていました。実効為替レートとは、私たちが普段テレビや新聞で目にしている特定国間の為替レートにだけ着目する名目為替レートとは異なり、諸通貨間における相対的な実力を考慮したものとなっています。

たとえばJMM598Mのなかで、真壁氏(信州大学経済学部教授), 中島氏(伊藤忠商事金融部門チーフエコノミスト), 山崎氏(経済評論家), 北野氏(JPモルガン証券日本株ストラテジスト), 土居氏(慶應義塾大学経済学部教授)などが、「実効為替レート」に言及されています。

その上で、現在の名目為替レート上の円高(対米ドル85円)は、実効為替レート上はそれほど憂慮すべき円高状況にはないということが述べられています。

     

たとえばJPモルガンの北野氏は、

JPモルガンの実質実効円レートをみると、2010年7月の値は、1970年以降の平均値とほぼ同じ水準です。現在の円レートは、円高でもなければ、円安でもありません。歴史的に見て、輸出企業にとって不利でもなければ有利でもない中立的な水準です。

とおっしゃっています。

また伊藤忠商事の中島氏は、

実質(実効為替レート)で見ると、現時点は2年ほど前よりは円高になっていますが、85年プラザ合意以降の円高期、95年の史上最高値の時、2000年のITバブル期よりも円安なのです。

と書かれています。その上で、今回の円高は輸出企業においては「競争力」の問題というよりも「予算達成」の問題が強いという見方をされています。

同様のことを慶應義塾大学の土居教授も指摘されていて、

この現下の円高は、日本経済の今後に暗雲を投げかけているとの見方が強くあります。一つの背景としてありえるのは、想定外の円高が急激に起きて、その備えができていなかった、ということでしょう。輸出産業では、1995年時の為替レートの水準に比べれば原価の円高は実質実効為替レートで見てそれほどの円高でい
といえども、名目為替レートで想定外の円高が起こることで海外での売上や利益が減るという実害に直面しますから、それはそれとして深刻です。

と述べられています。

     

一方、多少違った視点から分析されているのが外資系運用会社の金井伸郎氏で、金井氏は近年の通貨をパッケージとしてリスク分散する投資手法に触れられた上で、最近の通貨取引の動向は発行国のファンダメンタルズ(経済実態)よりも<投資家のリスク選好の動向によるポジションの拡大・縮小の影響が大きくなる>ということを述べられています。その上で、日本の経済実態の良し悪しに関わらず、市場のリスク回避の役割として反射的に円が買われているとのことです。

   

また今回の設問に絡んで、生命保険関連会社勤務の杉岡氏やメリルリンチ日本証券のストラテジスト菊地氏などは、現在のように欧米を含む世界的な経済状況が悪化しているなかで、そうした円が負っている役割を人民元が本来は果たすべきだということを付け加えられています。

   

こういった議論とは別に、経済評論家の山崎氏による「円高でメリットを享受する利益集団とは?」といった設問を立てておられますが、氏によればそれは公務員だということです。

解雇の心配がなく、収入におけるマイナスの変動が極めて少ない公務員とその配偶者にとっては、円高は実質収入増となるというわけです。

このこと自体は当然といえば当然のことで、同様の議論を別のところで見かけたことがありますが、とはいえ「円高」を考える上では大事な指摘だなと思いました。

     

以上。

Japan Mail Media

『Japan Mail Media(JMM)』 - 金融, 経済, 海外のレポート・エッセイ配信メールマガジン

メディア紹介No.013 - 『Japan Mail Media

<スペック>
運営者: 株式会社グリオ
デバイス: PC, モバイル
形式: テキスト
フィールド: 経済, 金融, 時事, 海外
更新頻度: 週刊(登録するレポート・エッセイによって変動)
アクセス: メール配信, PC (http://ryumurakami.jmm.co.jp/)

 

<紹介文>
『Japan Mail Media』は、1999年に「メール配信を使った新しいメディアの創造」というコンセプトのもとに、作家の村上龍氏が編集長として立ち上げたメディアです。
基本的に、経済・金融の時事的な事項について村上龍氏が問題提起し、エコノミストや大学教授、弁護士・評論家などが回答するという形式で毎週月曜日に配信されています。
金融・経済に関して日々のニュースより少し掘り下げた情報を強化する、という点で利用価値のあるメディアだと思います。
また、上記金融・経済の配信とは別に、USA-ニューヨーク, オランダ-ハーグ, デンマーク, 中国などの海外在住寄稿者からのレポート・エッセイも週刊で受信することができます。
上記PC用サイトからメールマガジン登録ができます。
情報取得に要する時間は、それぞれで異なりますがだいたい10分-15分というところだと思います。
購読無料ですので、ぜひ一度お試しください。

 

<プレビュー>

JMM金融・経済における今週の配信は、<世論調査において約7割の人が優先してほしいと考えている日本政府による「景気対策」について、有効だと思われる策は何か>でした。レポートは別途エントリーで上げますので、興味のある方はタグ”JMM”でご参照ください。なお、次回の配信は2010年8月23日(月)です。

次週のテーマは、

円高が進んでいるようです。以前、為替(外国)といえば対ドルでした。今は、ユーロが誕生し、中国元の存在感も増して、複雑になっている気がします。現在の円高を、どのように考えればいいのでしょうか。

です。

 

以上。

金融ビジネス

『金融ビジネス』 - 金融・証券に関する専門季刊誌

メディア紹介No.058 - 『金融ビジネス』

 

スペック
運営者: 株式会社東洋経済新報社
デバイス: Paper
形式: テキスト, イメージ
フィールド: 金融
更新頻度: 季刊(1,4,7,10月の25日発売) ※25日が日・祝日時は翌月曜日
アクセス: 書店, Amazon, Fujisan.co.jp

 

紹介文
『金融ビジネス』は、銀行・証券・保険など金融系に関わるビジネスパーソン向けの専門誌で、東洋経済新報社から発行されています。

金融業に直接関わらない方にとっても、たとえばサブプライムローン問題のように、昨今の金融を巡るさまざまな世界的問題は、「私にはよくわからないので…」と言ってられない状況となっています。

 

プレビュー

次回の『金融ビジネス』は10月25日発売です。ちなみに現在発売中の7月25号の主な目次は次のようになっています。

・ルビコンを渡ったドイツ - ユーロ圏の崩壊連鎖を防げるか

・ギリシャのランディングは日本に大きな意味がある(Interview; 戸田博史/ギリシャ大使)

・変容する中央銀行の役割 - 英金融庁解体がもたらすもの

・ギリシャ危機の教訓は何か(座談会)

・人民元変動化への第一歩 - 考えにくい急速な元切り上げ

・トーンダウンする米国金融規制

 ・銀行総合ランキング - 2010年3月期 邦銀118行

・注目の金融機関 - 沖縄銀行、群馬銀行、 山形銀行

 

以上。