タグ : マルクス

資本主義を語る

資本主義を語る (ちくま学芸文庫) 資本主義を語る (ちくま学芸文庫)
岩井 克人 by G-Tools筑摩書房 1997-02
売り上げランキング : 128446Amazonで詳しく見る

     
商業資本主義においては共同体と共同体のあいだの価値体系の差異、産業資本主義においては労働の生産性と実質賃金率とのあいだの差異、そして現代的な資本主義においては、企業と企業のあいだの生産技術や製品仕様や通信ネットワークの差異によって利潤が生みだされてきた

本書は『不均衡動学』の提唱者である経済学者岩井克人氏による、資本主義論です。

第Ⅰ部において「資本主義」が語られていますが、その第一章で、岩井氏はマルクスにおいて断絶とみなされていた「商業資本主義」と「産業資本主義」を、「差異の原理」によって連続のものとみなすことから始めます。そして、そのような「差異」から捉え直した資本主義論を現在の「ポスト産業資本主義」へと展開していきます。

面白いのは第二章で、資本主義論において「利潤」がどのようにして生まれるのかを「差異」から説明しようとした岩井氏は、当然今度は「差異」がどのようにして生まれるのかを説明しなければなりません。ここにおいて、岩井氏の「不均衡動学」なるものが登場するわけです。

つまり、岩井氏は「利潤」は「差異」から生じ、「差異」は「不均衡」から生じるといっているのです。そしてその「不均衡」は「均衡」の例外として現れるものではなく、長期的に続いているものだと提言することで、ここにおいて岩井氏は主流の経済学と決定的に対立することになります。
なぜなら、主流の経済学においては「均衡論」が支配的であったからです。
こうした主流派に対して自己の経済学理論(特に不均衡の持続可能性)を主張する際に彼が援用したのが「進化論」でした。

本書では、そのような岩井氏の「不均衡動学」および、そこから描き出される資本主義論を理解するにあたって非常にわかりやすいものとなっています。
また、その他にも「法人」や「社会主義」への興味深い議論も収録されており、非常に平易で、読みやすく、かつ楽しめる本となっています。

献本サービスサイトの「Reviewplus」
     

強欲な資本主義

政治ジャーナリストの田原総一郎氏が、複数のメディアを通じて「強欲な資本主義」論を展開しています。

たとえば、2010年8月5日にアップされた日経BPnetの時評コラムにおいて、

強欲な資本主義に「正義」はあるだろうか

というタイトルで記事が上がっており、また2010年8月20日号の『週刊朝日』のコラムにおいて、

<「強欲資本主義」の現代にはマルクスが必要だ>

との記事を上げられています。

いずれの記事も、日本の国内上場企業において1億円以上の報酬を受け取った役員の名前と報酬が有価証券報告書に記載されたことを題材に、保険会社のAIGなどアメリカの金融業界における巨額の報酬がいかに常軌を逸した水準に達しているかを、歴史的に、また他国との比較において検討したものです。

そしてその論の結びにおいて、「マルクス」や「強欲資本主義」という言葉を挙げてそのような巨額報酬の現状を批判しています。

 

私個人としては、それがアメリカのことであっても、日本国内のことであっても、一個人が巨額の報酬を「得る」ことに特に大きな憤りは感じません。たとえそれが不当に得られたものであったとしても、目くじらを立てて怒るほどのことでもないように感じます。

逆に私にとって関心があるのは、数億、もしくは数十億という報酬を得た彼らが、今後「何に対してそれを支出するか」です。批判されるべきは、そのお金を彼らが「貯め込み」、自身の老後や子孫に対して脈々と受け継がれていくことではないでしょうか。しかし、その大部分が消費や投資に向くのであれば、目くじらを立てて批判するほどのことでもないように思います。

 

ところで、何にお金を使うかは個人の勝手だ! として家計の支出をプライベートな事柄として詮索・評価させまいという社会的風潮があるように感じますが、なぜ「高額所得」に関してはメディアによって大々的に報道され評価されてしまうのに、「支出(消費)」が社会的に評価されないのか、不思議です。

 

社会学者のヴェブレンは、『有閑階級の理論 』で、過剰と浪費は富裕層の「特権」ではなく「義務」だという趣旨のことを述べています。

 

浪費が高額所得者にとっての「義務」だとまでは言わなくても、公正な「所得」について熱く議論するのと同じように、「支出(消費)」の倫理についての議論が必要とされているのではないでしょうか。