タグ : ダニエル・イマーヴァール

現代思想2010年8月号

現代思想2010年8月号 特集=ドラッカー マネジメントの思想 現代思想2010年8月号 特集=ドラッカー マネジメントの思想
P.F.ドラッカー 上田 惇生 マーシャル・マクルーハン by G-Tools青土社 2010-07-26
売り上げランキング : 27204Amazonで詳しく見る

     

ドラッカーは自己調整的市場というフィクションを公然と非難する上でポランニーに従っていない。ドラッカーは経済的手段と目的とが他の全てのものの上に位置する社会を確立することの危険性を認識していたが、彼はまたその利点も見ていた。

     

2010年8月号の現代思想ではドラッカー特集が組まれています。

本書では、それぞれの論者が、さまざまな切り口でP.F.ドラッカーを論じています。
全般的には、ウィーンの裕福な家庭に生まれながらも、二度の大戦とファシズムを経験したドラッカー氏の生涯や、ポランニーやシュンペーターなど多岐に渡る知的交流によって育まれたその思想的系譜、そしてドラッカー思想の日本における受容の歴史とその今日的意義など、本書を読めばそれらのことはだいたい把握できるでしょう。

     

中でも個人的に興味深かったのは、ポランニーとの関連性(差異)においてドラッカーを読み直そうとするダニエル・イマーヴァール氏の『市場と国家、そして株式社会』。また、日本で多くのファンによって読み継がれてきたドラッカー氏の言説と、実際の働く場の実態とをつぶさに検証した伊原亮司氏の『ドラッカーの働き方に関する言説と働く場の実態』、そして「マネジメント」なるものを方法論としてではなくイデオローグとして検討した樫村愛子氏の『「もしドラ」のストーリテリングとマネジメントの社会学/精神分析学』です。

     

また、マクルーハンによるドラッカー論や、1970年になされたドラッカー氏へのインタビュー『コンサルタントの条件』なども収録されており、読み応えのある内容となっています。

     

日本において三度目のブームと言われている今日のドラッカーブームですが、『もしドラ』によって喚起されたドラッカー思想への関心を、さらに踏み込んだ理解へと進めるためのものとして、ぜひ読んでおくべき一冊だと思います。