タグ : カンブリア宮殿

カンブリア宮殿2010年8月23日放送分のレビュー

以下、『カンブリア宮殿』2010年8月23日放送分のレビューです。

 

今週のカンブリア宮殿は、<流通スペシャル「地方スーパーの逆襲」>。

番組内容は、消費不況で全国においてスーパーの苦戦(19ヵ月連続で前年同月比割れ)が続いているなか、地方にて独自戦略を取ることで収益増を達成しているスーパーがある、というものでした。

     

大きく紹介されたのは2つのスーパーで、埼玉県を中心に関東地方に106店舗展開する中堅スーパーの「ヤオコー」と、福岡でたった一店舗の地場スーパーながら地域シェアNo.1を保ち続けている人気店「スーパーまるまつ」です。

     

今回の放送で非常に印象深かったのは、後述するように「ヤオコー」のパートが非常によく教育されていてとても質が高いということです。番組内においては正確に確認できませんでしたが、ヤオコーHPの募集要項を見てみると、彼らパートの基本時給は800円ですが年二回の賞与もあって、それほど待遇は悪くなさそうです。

基本的に、「パート」という雇用形態で働く従業員に対して投資することはなかなか考えられません。それは、「パート」は従業員にとっては「いつでも辞められる」ものであり、雇用主にとっては「いつ辞められてしまうか分からないが、解雇が容易」というものだからです。

「ヤオコー」において、パート従業員への職業訓練という投資が、高いパフォーマンスとして企業利益に還元されていることの一因は、番組でも強調された「彼らパート従業員の主体性・創造性を最大限に尊重する」という企業の姿勢に依っているのだと思います。まさにピーター・F・ドラッカーが提唱する組織マネジメントを現実化している企業ですね。

      

さて、まずは「スーパーまるまつ」に関して簡単に番組の流れを追いたいと思います。まずその特徴として挙げられたのは、とにかく安いということでした。大手のように多店舗で大量仕入れを行っているわけではないにも関わらず、スーパーまるまつは大手スーパーをしのぐ低価格を達成しています。

その手法として取り上げられたのは、「単品カレンダー」と「消化仕入れ」と呼ばれているものです。

「単品カレンダー」とはいわゆるカレンダー化されたデータベースのことで、その日の天候や集客数、各商品の売れ行きなどを情報として過去から現在に至るまで収集したものです。たしかに地方の人口流動の少ない地域であれば、都市部のスーパーとは比較にならないほどそういったデータベースは有効でしょう。

実際、「スーパーまるまつ」ではこうしたデータベースの有効活用によって、廃棄ロスを2%に抑えることに成功しているようです。全国のスーパーの平均が4%だそうですので、半分にとどめていることになります。

こうして無駄に仕入れずに売れ残りを出さないようにすることで、価格を低く設定しても収益を保持できるように取り組まれているとのことでした。

もう一つの「消化仕入れ」と呼ばれるものは、exBuzzwords用語辞典によると<陳列する商品の所有権を卸業者やメーカーに残しておき、小売店で売上が上がったと同時に仕入が計上される取引形態のこと>だそうです。

要するに小売店の棚を使ってメーカーが自社商品を売り、売れた分だけ小売店がメーカーへ支払うということです。「スーパーまるまつ」では、陳列する商品選びから品だし、価格設定までもがメーカーに委ねられているようです。

このように従来は小売店が担ってきた役割をメーカーに任せることで、人件費等を削減することができ、低価格での販売が実現しているということです。

なお、メーカーに対しては通常より2%高い仕入価格で買い取ることで合意がなされています。

また、さらに別の取り組みとして挙げられていたのは「二重価格」制度で、いわゆる会員価格というものを設定しているという点です。「スーパーまるまつ」の会員になると、通常よりも時には半分近い価格で購入することができます。また年に数回、会員の中から抽選で野球観戦や宝塚観劇が当たるといったサービスも提供されています。

こうした囲い込み戦略によって、「スーパーまるまつ」のお客さんは9割近くが会員(=固定客)だそうです。ポイント還元などではなく「その場で安い」というのは確かに魅力的ですね。さらに、こうして顧客を囲い込むことによって、チラシなどのプロモーションにかかるコストをセーブすることができ、そうして浮いた利益をさらなる会員サービスへと投資することで好循環を維持できているようでした。

     

正直言って、この独自戦略として紹介された「スーパーまるまつ」には違和感があったのですが、最後に記します。

     

次に、もう一つのメインで紹介されたスーパーが「ヤオコー」です。

ヤオコーの独自戦略として紹介されたのは主に次の二点です。「店長の権限が強い」こと、そして「パートの主体性を尊重していること」です。

特に、パートはヤオコーでは「パートナー」と呼ばれており、惣菜調理の訓練を受けた「惣菜マイスター」や、独自判断で仕入れまで行っているパートがいるというから驚きです。

また、パートによる主体的な取り組みを発表する会がしばしば行われているそうで、それぞれの店舗あるいはチームによる取り組みのプレゼンテーション会が行われ、優秀者は表彰されていました。

こうして従業員に責任と権限を与え、「給与」以外における「働くことの喜び」を感じとってもらい、彼らの自主性を活かしていくという取り組みが、結果的にヤオコーにおける大手スーパーの追随を許さない競争優位性を確保することに繋がっています。

冒頭でも述べましたが、番組で紹介されていた通りの経営で上手くいっているのであれば、組織運営として素晴らしい成功事例だと思います。

    

さて「スーパーまるまつ」に関する違和感ですが、まず「消化仕入れ」なるものですが、正直私はそこに独自性の欠片も感じませんでした。

メーカーに棚貸しをして売れた分だけ仕入れ代金を払う、また商品選びから品だしまでメーカーに丸投げというその方法は、はっきり言って不動産業とさほど変わらないのではないでしょうか。

メーカーとの間で合意がなされているので外野がとやかく言う事ではありませんが、メーカーか、もしくはメーカーの従業員など、どこかで誰かが不当に搾取されているアンフェアな状況があるのではないかという疑念が残りました。余計なお世話ですが…。

またデータベースも画期的な区分法が採用されているわけではなく、社長の松岡義一氏がその日の販売数量を言い当てる場面が番組でハイライトされていましたが、田舎の非流動的な小規模マーケットにおいて慣習化された人々の行動予測はデータから正確に導き出される、というだけのことでいまいち革新性を感じません。

結局は、「消化仕入れ」と「行動予測にもとづく仕入れ量の最適化」という二つの方法で得た利益を、低価格&サービスという固定客の囲い込みに投資しているということで、ぱっとしないな、というのが正直なところでした。「消化仕入れ」も上記に述べたように地方独特のアンフェアさがあるような気がするという疑念を拭い切れず、独自戦略と銘打つには物足りないものを感じました

   

以上。

カンブリア宮殿

『カンブリア宮殿』 - ニュースが伝えないニッポン経済

メディア紹介No.052 - 『カンブリア宮殿

スペック
運営者: 株式会社テレビ東京
デバイス: TV
形式: 音声, 映像
フィールド: 経済, 経営
更新頻度: 週刊(月曜:22:00-22:54)
アクセス: テレビ東京系列のチャンネル,

紹介文
『カンブリア宮殿』は、正式名称を「日経スペシャル カンブリア宮殿~村上龍の経済トークライブ~」といい、日本経済新聞の創刊130周年を記念してスタートした番組です。
作家の村上龍氏とタレントの小池栄子さんがホストとなり、経営者や政治家などをゲストに招いて経済・経営を中心としたトークライブを行うという内容になっています。
基本的な番組コンセプトは「成功事例の共有」で、キーメッセージは「不況や就職氷河期などが大手マスメディアでは日々悲観的に語られていますが、成功している人はたくさんいますよ」というポジティブなものです。

プレビュー

次回2010年8月23日(月)放送は、<流通スペシャル「地方スーパーの逆襲」>です。

関東地方に店舗展開する中堅スーパー「ヤオコー」の会長、福岡の地域シェアNo.1「スーパーまるまつ」の社長および専務をゲストに招き、全国展開するスーパーマーケットに対して独自戦略で生き残りを図る地方スーパーの取り組みと流通の「今」を紹介。

 

以上。