JMM598M - 円高をどう考えるか?

以下、『Japan Mail Media』月曜版のNo.598に対するレビューです。

今週のJMM月曜版における設問は、「円高が進んでいるようです。以前、為替(外国)といえば対ドルでした。今は、ユーロが誕生し、中国元の存在感も増して、複雑になっている気がします。現在の円高を、どのように考えればいいのでしょうか。」というものでした。

     

その点について、多くの回答者が「実効為替レート」で判断すべきだと述べられていました。実効為替レートとは、私たちが普段テレビや新聞で目にしている特定国間の為替レートにだけ着目する名目為替レートとは異なり、諸通貨間における相対的な実力を考慮したものとなっています。

たとえばJMM598Mのなかで、真壁氏(信州大学経済学部教授), 中島氏(伊藤忠商事金融部門チーフエコノミスト), 山崎氏(経済評論家), 北野氏(JPモルガン証券日本株ストラテジスト), 土居氏(慶應義塾大学経済学部教授)などが、「実効為替レート」に言及されています。

その上で、現在の名目為替レート上の円高(対米ドル85円)は、実効為替レート上はそれほど憂慮すべき円高状況にはないということが述べられています。

     

たとえばJPモルガンの北野氏は、

JPモルガンの実質実効円レートをみると、2010年7月の値は、1970年以降の平均値とほぼ同じ水準です。現在の円レートは、円高でもなければ、円安でもありません。歴史的に見て、輸出企業にとって不利でもなければ有利でもない中立的な水準です。

とおっしゃっています。

また伊藤忠商事の中島氏は、

実質(実効為替レート)で見ると、現時点は2年ほど前よりは円高になっていますが、85年プラザ合意以降の円高期、95年の史上最高値の時、2000年のITバブル期よりも円安なのです。

と書かれています。その上で、今回の円高は輸出企業においては「競争力」の問題というよりも「予算達成」の問題が強いという見方をされています。

同様のことを慶應義塾大学の土居教授も指摘されていて、

この現下の円高は、日本経済の今後に暗雲を投げかけているとの見方が強くあります。一つの背景としてありえるのは、想定外の円高が急激に起きて、その備えができていなかった、ということでしょう。輸出産業では、1995年時の為替レートの水準に比べれば原価の円高は実質実効為替レートで見てそれほどの円高でい
といえども、名目為替レートで想定外の円高が起こることで海外での売上や利益が減るという実害に直面しますから、それはそれとして深刻です。

と述べられています。

     

一方、多少違った視点から分析されているのが外資系運用会社の金井伸郎氏で、金井氏は近年の通貨をパッケージとしてリスク分散する投資手法に触れられた上で、最近の通貨取引の動向は発行国のファンダメンタルズ(経済実態)よりも<投資家のリスク選好の動向によるポジションの拡大・縮小の影響が大きくなる>ということを述べられています。その上で、日本の経済実態の良し悪しに関わらず、市場のリスク回避の役割として反射的に円が買われているとのことです。

   

また今回の設問に絡んで、生命保険関連会社勤務の杉岡氏やメリルリンチ日本証券のストラテジスト菊地氏などは、現在のように欧米を含む世界的な経済状況が悪化しているなかで、そうした円が負っている役割を人民元が本来は果たすべきだということを付け加えられています。

   

こういった議論とは別に、経済評論家の山崎氏による「円高でメリットを享受する利益集団とは?」といった設問を立てておられますが、氏によればそれは公務員だということです。

解雇の心配がなく、収入におけるマイナスの変動が極めて少ない公務員とその配偶者にとっては、円高は実質収入増となるというわけです。

このこと自体は当然といえば当然のことで、同様の議論を別のところで見かけたことがありますが、とはいえ「円高」を考える上では大事な指摘だなと思いました。

     

以上。

PRIME NEWS 2010年8月19日放送分のレビュー

以下、『PRIME NEWS』2010年8月19日放送分のレビューです。

8月19日放送分では、<なぜ今【ピーター・F・ドラッカー】が注目されるのか? 知の巨人、経営学の神様が残したマネジメント論を学ぶ>と題しての、ドラッカー特集でした。

ゲストは、『もしも野球部の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(以下『もしドラ』)の著者である岩崎夏海氏、ドラッカー学会の会員で立命館大学経営学部教授の三浦一郎氏。またキャスターとして慶応義塾大学総合政策学部教授の上山信一氏という顔ぶれでした。

     

番組ではドラッカー氏における経営、組織、社会的責任とテーマを区切って進んでいくのですが、経営の部分において、ドラッカー氏による「顧客の創造」ということがメインテーマになりました。

そのなかで、『もしドラ』において主人公である南が、自身がマネージャーを務める野球部において考える顧客とは、「部員」・「親」・「先生」・「学校」・「東京都民」・「高野連」・「高校野球ファン」だと紹介されました。そして、彼ら顧客に対して「感動を与えること」が当野球部という組織にとってのミッションだそうです。

また、実際の「顧客の創造」において岩崎氏は、『もしドラ』を、購入者にとって「読むための」本という従来的な商品定義から一歩進めて、「人に薦める」本(=贈答品)として位置づけようとされたとのことです。これは、「人に薦めたくなる」本ではなく「人に薦める」本というのがポイントだと思います。両者においては商品の「価値」が決定的に異なるからです。

     

一方番組においては、顧客の創造は二つの切り口から見ることができる点で進行されていきます。その一つはマーケティング的観点で、リサーチにおいて明らかとなった顧客の顕在欲求としてのニーズを満たすことを指しています。もう一つはイノベーションの観点で、未だ潜在的なものにとどまっている顧客のニーズを読み取り、新たな満足を生み出すことです。

リサーチに関して三浦氏は、一般的に顧客が自ら意識してわかっていることは調べられるが、わかっていないことは調べられないとおっしゃっていました。

これはかなり以前から指摘されているマーケットリサーチの欠点で、たとえば『マーケティングの神話』(1993年)において著者の石井淳蔵氏は、

(消費者は)口に出る言葉以上に、いろいろなことが実はよくわかっている。「洗濯機に何か不満はないですか」と言われれば思いつかないが、「音がうるさいでしょう」と言われればその通りだと思う。

と述べられており、<消費者欲望ないしはニーズは消費者によって自覚されることはあるのか>と疑問を呈されています。

近年おいて急成長した一部の先端的なマーケティングを行っている会社では、実際にマーケットリサーチの位置付けは以前よりも低いものとなっています。

     

つぎに番組における組織運営のパートにおいてですが、ドラッカー氏が人のマネジメントにおいて、「組織の目的は人の強みを生産に結び付け、人の弱みを中和することにある」と述べたことを紹介されました。

大事なことは、ここからマネジメント論へと入っていくことではなく、まずドラッカー氏におけるその(強み/弱み)を判断する基準を考察することではないでしょうか。たとえば岩崎氏は『もしドラ』の高校野球部においてにおいて、「勝つ」ことと同時に「顧客満足」を得る、という新しい基準を提示しました。これは後述するようにドラッカー氏の思想に対して非常に忠実なものとなっています。

       

最後のテーマは、ドラッカー氏の社会的責任論です。引用された氏の言葉は、「現代の組織は、それぞれの分野において社会に貢献するたあめに存在する。それは、社会の中に存在する。地域の中に存在する。隣人として存在する。そして社会の中で活動する」というものでした。

これに対して上山信一氏は「共産党宣言みたい」とおっしゃっていましたが、共産党宣言というよりもこれはアソシエーショニズムだといえると思います。

たとえば言語学者のノーム・チョムスキー氏は、国家の形態を「リベラリズム」、「福祉国家資本主義」、「国家社会主義」、「リバタリアン社会主義」という四つに分類しました。

批評家の柄谷行人氏は、上記チョムスキーの分類に従いつつ、「リバタリアン社会主義」を「アソシエーショニズム」と言い換えました。

資本主義的な社会構成体には、逆にそこから出ようとする運動が生じます。それは、商品交換(リベラリズム)という位相において開かれた自由な個人の上に、互酬的交換(国家社会主義)を回復しようとするものだといってよいでしょう。私はそれをアソシエーションと呼ぶことにします。(『世界共和国へ』)

※文中()は私による表記です。

つまり、市場原理主義的なものの空間のなかで共産主義的なものを回復すること、それを柄谷氏はアソシエーショニズムと言っています。

上記ドラッカー氏による企業の社会的責任論を上山氏が「共産党宣言みたい」とおっしゃったのが間違ってはいるものの言い得て妙なのは、ドラッカー氏は、企業において利潤追求(市場原理主義的なもの)をベースにその社会的貢献(共産主義的なもの)を志向したからです。

先ほどの話ですが、岩崎氏の『もしドラ』における「勝利」と「顧客満足」の関係には、こうしたドラッカー氏のスタンスへの忠実さが表れていると言えるのではないでしょうか。

     

今日においてP.F.ドラッカーをマネジメント論として読むことに新しさはありません。組織体の「強み」と「弱み」を「機会」と「脅威」に照らして分析する手法(いわゆるSWOT分析)はすでにどこの企業でも取り入れられているものです。

重要なことは、こうした方法論としてP.F.ドラッカーを読み直すことにあるのではなく、組織体を「強み」と「弱み」に振り分けるその「基準(=思想)」、方法論としてのマネジメントを生み出し続けるその源泉に遡って思考するべきなのではないかと思います。

     

以上

AERA

『AERA』 - 硬軟さまざまなジャンルを取り上げる週刊誌

メディア紹介No.053 - 『AERA

     

スペック
運営者: 株式会社朝日新聞出版(朝日新聞社の子会社)
デバイス: Paper
形式: テキスト, イメージ
フィールド: 総合
更新頻度: 週刊(毎週月曜日発売)
アクセス: 書店, Fujisan.co.jp

     

紹介文
『AERA』は、生活に役立つ身近な話題から、マクロ経済のような国家的な話題まで、ジャンルを問わずに取り上げている週刊誌です。
連載記事にも硬軟多彩な顔ぶれが揃っており(どちらかといえば軟ですが)、また、写真などのイメージを多用した視覚的な情報提供に力を入れていますので、普段あまり活字を読まないという方にとっても手に取りやすいものとなっています。     

     

以上。

週刊東洋経済

『週刊東洋経済』 - 1895年創刊の日本の代表的ビジネス誌

メディア紹介No.056 - 『週刊東洋経済

スペック
運営者: 株式会社東洋経済新報社
デバイス: Paper
形式: テキスト, イメージ
フィールド: 経済, 社会
更新頻度: 週刊(毎週月曜発売)
アクセス: 書店, 駅売店, Amazon, Fujisan.co.jp

紹介文
『週刊東洋経済』は、1895年創刊という現在発行されている週刊誌の中では日本最古を誇ります。『日経ビジネス』や『週刊ダイヤモンド』と並んで、ビジネスパーソンに最も良く読まれている週刊誌の一つでしょう。

毎週、ビジネスや社会現象の最前線にフォーカスした特集を組んで多くのページを割いており、読み応えのあるものとなっています。また、時々「経済入門」や「実践哲学入門」などの入門特集を組むこともあります。

いずれにせよ、ビジネスにおいて話題にできる非常に多くの情報が700円前後で手に入るため、コストパフォーマンスは申し分ないでしょう。

      

以上。

日経ビジネス

『日経ビジネス』 - 経済, 経営の最新情報を届ける週刊ビジネス誌

メディア紹介No.058 - 『日経ビジネス

スペック
運営者: 株式会社日経BP(株式会社日本経済新聞社の子会社)
デバイス: Paper
形式: テキスト, イメージ
フィールド: 経済, 経営
更新頻度: 週刊(月曜日発売)
アクセス: 直送(定期購読), 書店, 駅売店(都心部)

紹介文

日経ビジネスは、<50名以上の専門記者が経済動向や年間1500以上の企業事例を徹底取材>して作り上げられる、30万人以上の読者を誇る経済週刊誌です。

特徴的な経営戦略を行っている企業を取り上げる<戦略フォーカス>や、今注目の新技術を紹介する<フィーチャー>、経済界の注目人物に対するインタビューなど、さまざまなコンテンツを取り揃えているメディアです。

       

以上。

がっちりマンデー! 8月22日放送分

以下、8月22日放送分の『がっちりマンデー!』のレビューです。

今週の『がっちりマンデー!』では、2010年の最新ヒット商品が紹介されていました。

     

たとえば、小林製薬の「チンしてこんがり焼き魚」

電子レンジで魚が焼ける!チンしてこんがり魚焼きパック4パック入り 電子レンジで魚が焼ける!チンしてこんがり魚焼きパック4パック入り by G-Tools

小林製薬
売り上げランキング : 4717

Amazonで詳しく見る

パックに魚を挟んで、レンジで3分チンするだけでジューシーにこんがり焼けるという商品で、今年大ヒットしているそうです。

番組の紹介としておもしろかったのは、「技術自体は10年前からあって新しいものではない」という点で、以前は「何でも焼ける」という商品プロモーションをかけていたものを、「魚が焼ける」とターゲットを絞ったことで、爆発的なヒットに結びついたとのことでした。

マーケティングにおける、「その商品が使われている具体的なシーン」をどこまで消費者にイメージさせることができるか、という重要なポイントですね。とても参考になる実例でした。

     

また、子供の日常生活に役立つハウツー本として「せいかつの図鑑」が取り上げられていました。

せいかつの図鑑 (小学館の図鑑 プレNEO図鑑) (小学館の子ども図鑑プレNEO) せいかつの図鑑 (小学館の図鑑 プレNEO図鑑) (小学館の子ども図鑑プレNEO)
流田 直
by G-Tools

小学館 2010-03-16
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る

「お箸の持ち方」から「ぞうきんの絞り方」まで、母親にとって子どもへのしつけは非常に大変な仕事で、ストレスも多い…。そんなニーズに目を付けた小学館の編集者によって制作された本書は、主に母親によって購入されて今では11万部を売り上げているそうです。

森永さんも指摘されていましたが、核家族社会において、家庭の知恵とノウハウをいかにして世代間で継承していくのかというのは重要な問題です。たとえば料理などもそうですね。

     

最後に紹介されたのは、メイドインジャパンで高品質、かつ5145円均一の「鎌倉シャツ」です。どこかで見たことがあるなー、と思っていたのですが、以前『カンブリア宮殿』で取り上げられていました。そのときの番組ログはこちらです。

通常の洋服は原価率を20%に抑えているそうですが、この鎌倉シャツではなんと原価率60%! それでも経営が成り立つわけは、「一切バーゲンセールをしない」ことにあるようです。つまり、「定価で売り切る」ということですね。

     

以上、今週も非常に楽しくかつためになる情報が満載だった『がっちりマンデー!』。次週にも期待♪

がっちりマンデー!

『がっちりマンデー!』 - 節約術から株・不動産まで、月曜から実践できる家庭のケイザイ学

メディア紹介No.043 - 『がっちりマンデー!

 

スペック
運営者: 株式会社TBSテレビ(株式会社東京放送ホールディングスの連結子会社)
デバイス: TV
形式: 音声, 映像
フィールド: 経済, 家庭
更新頻度: 週刊(毎週日曜日 07:30-08:00)
アクセス: TBS系列のチャンネルで日曜日の午前7:30-8:30

 

紹介文
『がっちりマンデー!』は、TBS系列で毎週日曜日の午前7時30分から放送されている情報バラエティ番組です。
『がっちりマンデー!』では毎週ゲストを招いて、ビジネスの最前線や今話題のブームをネタに、「儲かる」仕組みを紹介する番組で、たとえば「新しい農業」や「Youtubeのビジネスモデル」など、視聴者にとって身近で質が高い情報を提供しています。
反響のある週には、番組で紹介されたキーワードがGoogleワード検索の上位に連ねるなど、多くの方が関心をもって視聴している様子がうかがえます。
毎週日曜日に30分確保するだけの価値が、『がっちりマンデー!』には十分あると言えると思います。ぜひ一度ご視聴ください。

      

以上。