カテゴリー : 経済

週刊東洋経済

『週刊東洋経済』 - 1895年創刊の日本の代表的ビジネス誌

メディア紹介No.056 - 『週刊東洋経済

スペック
運営者: 株式会社東洋経済新報社
デバイス: Paper
形式: テキスト, イメージ
フィールド: 経済, 社会
更新頻度: 週刊(毎週月曜発売)
アクセス: 書店, 駅売店, Amazon, Fujisan.co.jp

紹介文
『週刊東洋経済』は、1895年創刊という現在発行されている週刊誌の中では日本最古を誇ります。『日経ビジネス』や『週刊ダイヤモンド』と並んで、ビジネスパーソンに最も良く読まれている週刊誌の一つでしょう。

毎週、ビジネスや社会現象の最前線にフォーカスした特集を組んで多くのページを割いており、読み応えのあるものとなっています。また、時々「経済入門」や「実践哲学入門」などの入門特集を組むこともあります。

いずれにせよ、ビジネスにおいて話題にできる非常に多くの情報が700円前後で手に入るため、コストパフォーマンスは申し分ないでしょう。

      

以上。

広告

日経ビジネス

『日経ビジネス』 - 経済, 経営の最新情報を届ける週刊ビジネス誌

メディア紹介No.058 - 『日経ビジネス

スペック
運営者: 株式会社日経BP(株式会社日本経済新聞社の子会社)
デバイス: Paper
形式: テキスト, イメージ
フィールド: 経済, 経営
更新頻度: 週刊(月曜日発売)
アクセス: 直送(定期購読), 書店, 駅売店(都心部)

紹介文

日経ビジネスは、<50名以上の専門記者が経済動向や年間1500以上の企業事例を徹底取材>して作り上げられる、30万人以上の読者を誇る経済週刊誌です。

特徴的な経営戦略を行っている企業を取り上げる<戦略フォーカス>や、今注目の新技術を紹介する<フィーチャー>、経済界の注目人物に対するインタビューなど、さまざまなコンテンツを取り揃えているメディアです。

       

以上。

がっちりマンデー!

『がっちりマンデー!』 - 節約術から株・不動産まで、月曜から実践できる家庭のケイザイ学

メディア紹介No.043 - 『がっちりマンデー!

 

スペック
運営者: 株式会社TBSテレビ(株式会社東京放送ホールディングスの連結子会社)
デバイス: TV
形式: 音声, 映像
フィールド: 経済, 家庭
更新頻度: 週刊(毎週日曜日 07:30-08:00)
アクセス: TBS系列のチャンネルで日曜日の午前7:30-8:30

 

紹介文
『がっちりマンデー!』は、TBS系列で毎週日曜日の午前7時30分から放送されている情報バラエティ番組です。
『がっちりマンデー!』では毎週ゲストを招いて、ビジネスの最前線や今話題のブームをネタに、「儲かる」仕組みを紹介する番組で、たとえば「新しい農業」や「Youtubeのビジネスモデル」など、視聴者にとって身近で質が高い情報を提供しています。
反響のある週には、番組で紹介されたキーワードがGoogleワード検索の上位に連ねるなど、多くの方が関心をもって視聴している様子がうかがえます。
毎週日曜日に30分確保するだけの価値が、『がっちりマンデー!』には十分あると言えると思います。ぜひ一度ご視聴ください。

      

以上。

ガイアの夜明け

『ガイアの夜明け』 - 事実はニュースで、真実はガイアで

メディア紹介No.055 - 『ガイアの夜明け

スペック
運営者: 株式会社テレビ東京
デバイス: TV
形式: 音声, 映像
フィールド: 経済, 経営
更新頻度: 週刊(火曜日:22:00-22:54)
アクセス: テレビ東京系列のチャンネル, BSジャパン

紹介文

『ガイアの夜明け』は、正式名称を「日経スペシャル ガイアの夜明け」といい、カンブリア宮殿と同様に日本経済新聞社より冠スポンサーとして協力を受けて制作されている番組です。

内容としては日本および海外の経済動向や最新のビジネス事情にスポットを当てて、大企業から個人経営まで様々なレベルにおける低迷から再生へ向けた取り組みを取材し、ドキュメンタリー形式で放送しています。

      

以上。

カンブリア宮殿

『カンブリア宮殿』 - ニュースが伝えないニッポン経済

メディア紹介No.052 - 『カンブリア宮殿

スペック
運営者: 株式会社テレビ東京
デバイス: TV
形式: 音声, 映像
フィールド: 経済, 経営
更新頻度: 週刊(月曜:22:00-22:54)
アクセス: テレビ東京系列のチャンネル,

紹介文
『カンブリア宮殿』は、正式名称を「日経スペシャル カンブリア宮殿~村上龍の経済トークライブ~」といい、日本経済新聞の創刊130周年を記念してスタートした番組です。
作家の村上龍氏とタレントの小池栄子さんがホストとなり、経営者や政治家などをゲストに招いて経済・経営を中心としたトークライブを行うという内容になっています。
基本的な番組コンセプトは「成功事例の共有」で、キーメッセージは「不況や就職氷河期などが大手マスメディアでは日々悲観的に語られていますが、成功している人はたくさんいますよ」というポジティブなものです。

プレビュー

次回2010年8月23日(月)放送は、<流通スペシャル「地方スーパーの逆襲」>です。

関東地方に店舗展開する中堅スーパー「ヤオコー」の会長、福岡の地域シェアNo.1「スーパーまるまつ」の社長および専務をゲストに招き、全国展開するスーパーマーケットに対して独自戦略で生き残りを図る地方スーパーの取り組みと流通の「今」を紹介。

 

以上。

Japan Mail Media

『Japan Mail Media(JMM)』 - 金融, 経済, 海外のレポート・エッセイ配信メールマガジン

メディア紹介No.013 - 『Japan Mail Media

<スペック>
運営者: 株式会社グリオ
デバイス: PC, モバイル
形式: テキスト
フィールド: 経済, 金融, 時事, 海外
更新頻度: 週刊(登録するレポート・エッセイによって変動)
アクセス: メール配信, PC (http://ryumurakami.jmm.co.jp/)

 

<紹介文>
『Japan Mail Media』は、1999年に「メール配信を使った新しいメディアの創造」というコンセプトのもとに、作家の村上龍氏が編集長として立ち上げたメディアです。
基本的に、経済・金融の時事的な事項について村上龍氏が問題提起し、エコノミストや大学教授、弁護士・評論家などが回答するという形式で毎週月曜日に配信されています。
金融・経済に関して日々のニュースより少し掘り下げた情報を強化する、という点で利用価値のあるメディアだと思います。
また、上記金融・経済の配信とは別に、USA-ニューヨーク, オランダ-ハーグ, デンマーク, 中国などの海外在住寄稿者からのレポート・エッセイも週刊で受信することができます。
上記PC用サイトからメールマガジン登録ができます。
情報取得に要する時間は、それぞれで異なりますがだいたい10分-15分というところだと思います。
購読無料ですので、ぜひ一度お試しください。

 

<プレビュー>

JMM金融・経済における今週の配信は、<世論調査において約7割の人が優先してほしいと考えている日本政府による「景気対策」について、有効だと思われる策は何か>でした。レポートは別途エントリーで上げますので、興味のある方はタグ”JMM”でご参照ください。なお、次回の配信は2010年8月23日(月)です。

次週のテーマは、

円高が進んでいるようです。以前、為替(外国)といえば対ドルでした。今は、ユーロが誕生し、中国元の存在感も増して、複雑になっている気がします。現在の円高を、どのように考えればいいのでしょうか。

です。

 

以上。

PRIME NEWS

『PRIME NEWS』 - 政治・経済・国際・環境・社会問題に特化した大型報道番組

メディア紹介No.064 - 『PRIME NEWS

 

スペック
運営者: 株式会社BSフジ(フジ・メディア・ホールディングスの持分法適用会社)
デバイス: TV
形式: 音声, 映像
フィールド: 政治, 経済, 国際, 環境, 社会問題
更新頻度: 毎日(平日20:00-21:55)
アクセス: BSフジのチャンネル

     

紹介文
『PRIME NEWS』は2時間枠の大型報道番組で、今関心の高い一つのトピックをテーマに、専門家・当事者・ゲストなどを招いて議論し掘り下げていきます。 

また過去に番組出演したゲストには、政界であれば総理経験者や各党代表者など、財界であれば森ビル社長や建築家の安藤忠雄氏など、豪華な顔ぶれが揃っています。

多くのニュースを伝えようとする民放報道番組に対して、『PRIME NEWS』はテーマを絞ることで深く視聴者の理解を得ようと努めています。

なお、過去2週刊分のハイライト動画を、番組HPから視聴することができますので、興味をもたれた方は一度ご視聴されてみてはいかがでしょうか。

上記リンクバナーから番組HPへ飛べます。

    

プレビュー

『PRIME NEWS』の来週一週間の放送予定内容は下記の通りです。

     

▽ 8月16日(月) - <情報革命を生き抜く策 カドカワが描く未来像>

米国プラットフォーム企業が席巻するなか、コンテンツ企業としてカドカワが取り組む”クール”革命とは

     

▽ 8月17日(火) - <落選政治家の夏…今、何を考えどんな活動をしているのか?>

先の参院選挙で落選した民主党の簗瀬進氏と共産党の小池晃氏、そして昨年の総選挙で落選した自民党の石原宏高氏を迎え、今後の見通しを問う。

     

▽ 8月18日(水) - <夢を捨てるな! 松本零士が語る、宇宙のロマンと人類の可能性>

人はなぜ宇宙に憧れるのか? 漫画家・松本零士氏とともに、人類の挑戦・その原動力について聞く。

     

▽ 8月19日(木) - <なぜ今【ピーター・F・ドラッカー】が注目されるのか? 知の巨人、経営学の神様が残したマネジメント論を学ぶ

今関心を集めているドラッカーのマネジメント論。ドラッカー研究者の三浦一郎氏と「もしドラ」の著者で作家の岩崎七海氏を迎えて「ドラッカー」を学びとる。

     

▽ 8月20日(金) - <ロックンロールは死なない>

60年代, 70年代の世界的な若者文化の象徴とも言えるロック。団塊の世代の大人たちの心に残るロックの意味をいま一度、考え直す。

     

以上。

広告