メディオロジー宣言

メディオロジー宣言 (レジス・ドブレ著作選) メディオロジー宣言 (レジス・ドブレ著作選)
レジス ドブレ 西垣 通 by G-ToolsNTT出版 1999-10
売り上げランキング : 267305Amazonで詳しく見る

メディオローグには、様々な要因の秩序を複雑化するのみならず、逆転させることも必要なのである。福音の「前に」教会を、理論の「前に」政党を、教科書の「前に」学校を配置すること。楽譜の前にオーケストラを配置するのである。

マルクス主義への傾倒、キューバ革命の聖典『革命の中の革命』を刊行、ゲバラとともにボリビアでのゲリラ戦に参加、収監され死刑宣告、ローマ教皇やシャルル・ド・ゴール元大統領などによる助命嘆願運動によって釈放。…
    
1940年生まれのドブレは、東西冷戦時代の激動をその渦中で過ごした思想家であり、また運動家でもあります。
    
そして、革命の世紀を経て彼が辿り着いた新境地は、「メディオロジー」という新たな学問領域の構想でした。
「メディオロジー」とは、ある言説や特定の思想の流通に対して、マクルーハンがやったような本や映像受信機といった物質的媒体から考察するという方法をさらに超えて、それらの物質・材料を取り巻く社会的・技術的な環境にまで思考を進めて包括的に捉え直すものです。
     
そんなドブレの「メディオロジー」についての著作をまとめたのが本書であり、刺激に満ちた「メディオロジー」の核心に迫る内容となっています。

献本サービスサイトの「Reviewplus」

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。